気になるエラを整形で美しくするための情報を集めました

エラの整形手術の基礎知識について分かりやすく説明します

エラの整形手術の基礎知識として、何が原因で顔が大きく見えるのか、そこから追求をする必要があります。外科的な手術を決めて行うのは、原因を理解して行くところから始まります。外科的なメスを使う手術をするのは、問題が顔の骨の形状にある場合です。美容医療の世界に行くと、全てメスでのオペになるわけではありません。美容利用の専門家のお医者さんは、顔の大きさの要因を調べた上で、必要な治療方法を患者に提案することになります。患者側は独りよがりな判断ではなく、プロのお医者さんの診察を仰いで、その上での判断をしてくことです。もしも問題は骨ではなく、顔の筋肉に関わることであれば、手術という大きなリスクのある行為にはなりません。筋肉の場合は、手術ではなくエラへの注射での治療方法です。

輪郭の骨へのアプローチは外科的な手術が必要

エラの整形手術の基礎知識について分かりやすく説明するとしたら、骨を削ることも知っておく必要があります。顔の大きさを左右するのは輪郭であり、大きな顔と言われる状態は、だいたい顔の横幅がワイドサイズになっています。悲観だから顔が太って見えるというのは、理屈としてわかりやすいです。しかし体重は標準であり、体型も標準か、もしくはスリムであっても、顔の横幅が広がっているタイプは、顔だけ見るとデブという判断になります。顔の横幅というのはデブに見えるかどうかの瀬戸際であり、横幅が広いのは致命的です。その横幅をワイドに見せているのが骨である場合、骨が出すぎている分を削る方法で、外科的な手術をすることになります。口の中からの外科手術は大掛かりであり、数日の入院の後、しばらくは自宅で安静にして過ごします。

骨ではなく筋肉の問題で顔が大きい場合

エラの整形手術の基礎知識について分かりやすく説明するとした時に、問題点はどこにあるかを明確にする必要があります。素人判断ではその原因は、単に太っている脂肪であるのか、筋肉が張りすぎているのか、もしくは骨が要因化は判断できません。プロのお医者さんに相談をして、何が原因であるのか、その要因を取り除いていく口料方法は何か、判断をしてもらう必要があります。骨でも脂肪でもないとしたら、顔が横に大きく見えるのは、張りすぎた筋肉が原因ということです。その場合は、顔の筋肉に働きかけることのできる、筋肉への効果がある注射を打つ治療を行います。外科的な全身麻酔の手術方法とは違い、注射を輪郭に打つのみですので、10分程のクイックな治療になります。治療後には、メイクをして変えることができますし、普通に生活も可能です。

顔のダイエットに効果てきめんのBNLS(小顔注射)についてご紹介しています。 銀座を中心に神奈川県にも出店しております。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! 経験豊富な看護師と専属の麻酔医師が医療を支えます。 先端の医療設備や経験豊富なスタッフを揃え安心と安全な医療環境を整えております。 頬骨削りは、耳の外側を切開しない独自の手術法です。 エラの整形手術をお考えの方はマックスファクス銀座クリニックへ